So-net無料ブログ作成
社会の動き ブログトップ
前の5件 | -

あまりにも無謀で危険な、中央官庁の無料インターネット・サービスの業務活用と内部情報流出 [社会の動き]

今回の事件、ビジネス専用のインターネット・サービスではなく、一般に公開されている無料のインターネット・サービスが、4省庁の業務で堂々と使われ、そして、内部情報が流出したという、まことにお粗末な事件である。

YOMIURI ONLINE(読売新聞)によると、Goolgleの無料サービス「Goolgleグループ」で、個人情報や中央官庁の内部情報などが、誰でも閲覧できる状態になっており、確認できただけで、4省庁の職員が業務に関するメールを公開、このうち環境省の幹部らは、今年1月に合意された国際条約の交渉過程を流出させたとのこと。

 内部メール誰でも閲覧「グーグルグループ」利用 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 http://www.yomiuri.co.jp/net/news0/national/20130709-OYT1T01518.htm

Googleサービス含め、インターネットで提供されている無料のサービスは、安易に使うと、データが公開される可能性が高くなります。

『無償版の「Googleグループ」は、利用登録した初期の状態では、全ての情報がインターネットに公開される設定となっています。本来の意味で、グループ内で閲覧者を限定して運用をする場合には、閲覧範囲の設定を正しく変更しなければなりません。』
(株式会社ラックの下記情報から)

 「Googleグループ」 における意図しない情報公開に関しての注意喚起
  セキュリティ情報 | 株式会社ラック
   http://www.lac.co.jp/security/alert/2013/07/10_alert_01.html

もし、重要な情報を扱う場合は、データを暗号化するとか、もしくは安全性の高いビジネス用のサービス(Googleサービスにもビジネス用がある)を使えば良いと思うのですが・・・・


なお、今回の事件の問題点(疑問点)は以下の点にあると個人的には考えています。

(1) 中央官庁のシステムが、職員のPCから無料インターネット・サービスが使える状態になっていたこと。

官公庁のような国の重要機密情報を扱うシステムでは、無料のサービスに接続できないようにするか、もしくは、ビジネス用の有料サービスを活用すべき。(企業によっては、インターネット無料サービスをシステム上で使えないようにしている場合もある。)

(2) 職員が勝手に、インターネットの無料サービスを、セキュリティを考えずに活用していたこと。

インターネットに公開するとなれば、どのようなセキュリティ対策が実施されていても、情報流出する危険性を考え、公開を中止するか、公開するにしても、データの暗号化を実施する必要がある。(但し、一般の人に公開する必要性のある情報は別)


下記のサイトで、(1) 情報が公開されていないかを確認する方法、(2) 情報を公開しないための設定変更の方法 が紹介されています。気になる方は、ぜひ参考にして下さい。

  「Googleグループ」 における意図しない情報公開に関しての注意喚起
   セキュリティ情報 | 株式会社ラック
  http://www.lac.co.jp/security/alert/2013/07/10_alert_01.html

また、Googleグループ活用に関しての注意点について、以下のサイトで有益な内容が紹介されています。

 Googleグループ「ダダ漏れ問題」 ユーザーがいますぐチェックすべきこと
(弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130710-00000562-bengocom-soci


今回の 「無謀で危険な、中央官庁の無料インターネット・サービスの業務活用と内部情報流出」 早急な対策が望まれますね。

3.11東日本大震災追悼、震災記録・映像紹介 「3.11」は絆から希望への日 [社会の動き]

東日本大震災・福島第一原発事故 『絆から希望へ 希望から絆へ』

3/11で大震災から一年になります。日本人として、「3.11は忘れてはいけない日」になりました。東日本大震災や原発事故の映像、そして、復旧・復興がなかなか進まない映像をTVで見て、大震災の被害の大きさ、福島第一原発事故の影響の大きさを、改めて知りました。

今回は、インターネットで紹介されている、東日本大震災・福島第一原発事故の震災記録・映像を紹介しますので、参考にして下さい。


インターネットでの被災者の生の証言や被災現場の写真・動画は、自分のペースで考えながら落ち着いて見れ、考えさせられます。

東日本大震災を伝え、亡くなった多くの皆さんへの祈り、震災から立ち上がろうとする被災者の皆さんへの応援、そして、日本人として連帯し絆を深め、一日も早い復興を果たすためにも、これらの記録をみることはとても大事だと感じました。

なお、際限なく災害のニュースを見続けることはストレスをより悪化させる場合もありますので、少し休憩をはさむことも必要です。

休憩をはさみ心身の負担を減らながら、震災記録・映像を見て下さい。また、中には、ショッキングな映像もありますので、子供さん達に見せる場合は気をつけて下さい。


 Youtubeに「東日本大震災 絆から希望へ 希望から絆へ」動画公開
 http://www.youtube.com/watch?v=SAQ8l-i6N30

この写真は、2012年3月3日、伊丹市の緑ヶ丘公園の、梅の花の写真です。3.11東日本大震災、多くのなくなった皆さん、そして、被災地で悩みながら日々を暮らしている皆さんに、ささやかですが贈ります。


■震災発生の午後2時46分、政府はそれぞれの場所で1分間の黙とうを行うよう、国民に呼びかけ

 政府主催の追悼式 黙とう呼びかけ NHKニュース
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120311/k10013633251000.html

『発生から1年となる11日、災害の追悼式としては初めて政府主催で追悼式が開かれます。政府は追悼式に合わせ、それぞれの場所で1分間の黙とうを行うよう、国民に呼びかけるとともに、学校や民間企業などに対して弔旗の掲揚を要望しています。』(上記のNHKニュースより)


■NHKの震災1年の特設ページ

NHKのホームページでは、震災1年の特設ページを設け、被災地の最新のニュースや復興に向けた様々な課題を特集で伝えています。

 NHK NEWS WEB 震災1年 険しい復興への道のり
 http://www3.nhk.or.jp/news/shinsai/

  NHK NEWS WEB 震災1年 被災地600人の声
  http://www3.nhk.or.jp/news/shinsai/special/0308_01.html


■被災者4人が振り返った「命の記録」

また、MSN産経ニュースでは、【生死を分けた“あのとき”】として、被災者4人の皆さんが、当時の辛い出来事を語っています。とても胸にせまるものがあります。

「生きるとはどういうことか」 被災者4人が振り返った「命の記録」 - MSN産経ニュース
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120310/dst12031022100019-n2.htm



■ NHKの特設サイト「東日本大震災アーカイブス 証言webドキュメント」


NHK東日本大震災アーカイブス 証言webドキュメント
http://www9.nhk.or.jp/311shogen/


NHKは3月1日(木)、東日本大震災に関連した映像などを公開するWebサイト「NHK東日本大震災アーカイブス 証言webドキュメント」を開設しました。

津波や原子力発電所事故の被害にあった地域を航空写真などで見られるほか、被災地の復興の様子を地域別に確認できます。

なお、映像には津波や火災、被災者の詳細な体験談などが含まれるため、NHKは「映像をご覧になった時に精神的なストレスを感じられる方もいらっしゃる可能性があります。ご自身の判断にてご覧いただきますようお願いいたします」としています。


《補足》震災記録・映像紹介のサイトに良く出てくる「アーカイブ」とは

アーカイブ (archive) とは、日本では一般的に書庫と訳されることが多いですが、元来は公記録保管所、公文書、または公文書の保管所、履歴などを意味し、「記録を保管しておく場所」です。



■ 福島原発事故直後の緊迫の10日間の真実を追った”54分間のドキュメンタリー”
■  PBSの「Inside Japan’s Nulclear Meltdown」



「福島第一原発事故直後の10日間の迫力のある映像ドキュメンタリー」
  PBSの「Inside Japan’s Nulclear Meltdown」

この映像について、以下のホームページで、紹介されていました。当時の生々しい事故の映像や、原発の復旧に携わった人の発言など、本当に迫力のある映像で驚きました。

 福島第一原発事故直後の緊迫の10日間の真実を追った、迫真のドキュメンタリーを観て
 (WIRED.jp):ニュース:PC Online
  http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20120307/1043204/?set=rss

なお、ここで紹介されているのは、以下の映像です。

 Video: Inside Japan's Nuclear Meltdown | Watch FRONTLINE Online | PBS Video
  http://video.pbs.org/video/2202847024

この映像では、事故後10日間の現場内部、官邸の様子、本人たちの生々しい証言と多くの未公開映像を通して語られ、また、事故当時首相だった菅直人さんの生の証言もあり、当時の緊迫した状況がよく分かります。


《参考》「犠牲払ってもと覚悟」=菅前首相が原発事故回顧

菅前首相の原発事故回顧が、米外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」に紹介されています。かなりの覚悟で、当時、原発事故対策にあたっていたことが分かります。

Former Japanese PM Naoto Kan on the Fukushima Disaster | Foreign Affairs
http://www.foreignaffairs.com/features/letters-from/former-japanese-pm-naoto-kan-on-the-fukushima-disaster

(注)以下は上記の英文の私の拙訳です。

『福島第一原発での事故のかなり前に、私は、重大な未決着の問題が原子力の安全性および放射性廃棄物の処分に関してあることを知っていました。』

『この事故は目に見えない敵との戦いでした。最悪のシナリオは、日本の国家に重大な害を及ぼすばかりか、周りの国にも相当な影響をもたらせていたでしょう。』



■ 東日本大震災の記録を公開しているホームページ


■ Yahoo! JAPAN 東日本大震災 写真保存プロジェクト

http://archive.shinsai.yahoo.co.jp/

「東日本大震災 写真保存プロジェクト」は以下を目的とした、非営利目的のプロジェクト。

・震災前の、美しい日本の記録を保存すること
・未曾有(みぞう)の震災を風化させず、後世に伝えること
・将来の防災研究などに役立てること


■ Google提供 未来へのキオク - レポート

http://www.miraikioku.com/report.html

「未来へのキオク」は、失われた被災地の街並みや風景を、動画や写真といった「キオク」として、インターネットを通じて取り戻すことを目指すプロジェクト。


■ Google提供 未来へのキオク - ストリートビュー

http://www.miraikioku.com/streetview/

ストリートビュー撮影車を用い、夏から約半年かけて、のべ44,000 km を走行、被害の大きかった東北地方の沿岸地域や主要都市周辺を撮影。被害の爪あとの深さが見て取れます。


■ 朝日新聞デジタル:東日本大震災アーカイブ

http://digital.asahi.com/special/quake2011_archive.html?ref=comtop_rshinsai

「東日本大震災アーカイブ」では、ネット上の地球儀ソフト「グーグルアース」を使い、被災者の声を届けます。


■東日本大震災アーカイブ
http://shinsai.mapping.jp/

ヒロシマ、ナガサキの原爆の記憶を風化させないために、被爆者の証言や被爆直後の写真をグーグルアース上に表示するプロジェクト、ヒロシマ・アーカイブとナガサキ・アーカイブを作っている渡邉英徳首都大学東京准教授を中心とするグループが、今度は東日本大震災アーカイブを制作。



■ 東日本大震災、応援メッセージ



■有名な歌手のシンディ・ローパーさんの応援メッセージ

シンディ・ローパーさんは、昨年、日本のコンサートに来る、まさにそのとき震災に会われましたが、そのまま日本に残り、多くの方に励ましの歌やメッセージを残しました。今年も再び、日本に訪れ、次のことを言っています。

『被災した人たちに『あなたがたは、忘れられていませんよ』ということを伝えたい。そして多くの人たちに、被災地や子どもたちのために、それぞれ何ができるのか、私が来ることで思い出してほしいのです』(下記のホームページより引用)

 NHK NEWS WEB シンディ・ローパーはワスレナイ
 http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/0307.html

(注)「あなたがもし倒れたら、私が受け止めてあげる。何度も、何度でも」シンディ・ローパーさんのヒット曲、「タイム・アフター・タイム」の歌詞の一節です。


■復興願う「立佞武多」完成=ナマズ制圧、過去最大-青森

なお、インターネットのニュースに、復興願う「立佞武多」完成とありました。五所川原市の夏祭り「五所川原立佞武多」で使われるそうです。

「復興祈願・鹿嶋大明神と地震鯰(ナマズ)」と題し、東日本大震災を後世に伝えるとともに、一日も早い復興への願いが込められたそうです。

山車の大きさは高さ約23メートル、幅、奥行き各約8メートル、重さ約19トンで過去最大。「要石(かなめいし)」を持ち上げた鹿嶋大明神が、地震の原因と言い伝えられる大ナマズを押さえ込もうとする姿を描いたそうです。

時事ドットコム:復興願う「立佞武多」完成=ナマズ制圧、過去最大-青森
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012030300234



放射能と食品の安全性~インターネット情報に惑わされない方法、検索エンジンの使い方 [社会の動き]

放射能と食品の安全性について、インターネットを検索してみると、新聞社、官公庁、専門家などの情報に加え、ブログなどの個人の情報も数多く、正確で分かりやすい情報を探すのは、なかなか困難です。

インターネットには情報が多いですが、放射能と食品の安全性のような、多くの皆さんが関心のあることは、多くの情報で惑わされます。

「過ぎたるは及ばざるが如し」です。情報は多ければよいわけではなく、活用できる情報かどうかが大事です。

一方、インターネットだからこそ、入手できる情報も数多くあります。そこで、今回、インターネット情報を活用する場合、情報に惑わされず、どのようなことに注意すべきか、まとめてみたいと思います。さらに、検索エンジンの有効な使い方も紹介します。

なお、”放射能と食品の安全性”について、参考になる情報も紹介したいと思います。

それにしても、”放射能と食品の安全性”について、インターネットを検索してみて、専門家の情報は少なく、また、官公庁の情報も決して分かりやすく発信しているとは思えないことに驚きました。

これでは、食品の放射能の安全性について、私たちは不安が増すばかりです。

ぜひ、専門家、官公庁の皆さんには、一度、インターネットを検索頂き、いかに正確で分かりやすい情報が少ないか今一度理解して欲しいと思います。

その上で、専門家、官公庁の皆さんには、多くの国民が安全・安心と感じ、原発問題の風評被害を極力抑えるため、より一層、分かりやすい情報を発信してもらいたいと思います。



■ インターネット情報に惑わされない方法


今回、放射能と食品の安全性について、インターネットで調べた結果、専門的なことをインターネットで調べるには、次のことが大事だと、改めて、分かりました。

  (1) インターネットには過去の情報も数多く、情報の日付を確かめることが必要。
  
  (2) 情報の発信者を確認し、信頼のおける情報源か確認する。
  
  (3) 情報の出所となった一次情報を必ず確認する(例:記事の参考になったサイトを確認)。

  (4) 個人発信のブログには、一面的で不安にさせる意見が多い(一部には有効なものも有り)。

  (5) 原因が不明な情報は、判明するまで待つ(福島原発の影響と疑われたものが他の原因)。
  
  (6) 検索エンジンの使い方を工夫し、すばやく必要な情報を得る。


まず、情報の日付を確認することが大事ですね。インターネットには、過去の多くの情報があります(中には十年前の情報もあります)。インターネットの情報を見る場合、まず、その情報の日付を確認することが大事です。

また、情報の発信者が誰かということも大事です。”放射能と食品の安全性”のような難しい技術判断が必要な事項は、新聞社、専門家、官公庁などのような、信頼のおける発信者かどうか確認することが大事ですね。

なお、インターネットの記事には、参考になったURLを記載していますが、その情報(出所となった一次情報)を確認することも大事です。確認することで、内容の正確さなど、多くのことが分かります。

個人が発信するブログやTwitterなどの情報は、専門家では無いため、信頼性が薄くなりがちです(個人が専門家の場合は別)。

なお、インターネットの情報は”正確さよりスピードが命”ですから、原因が不明なものもどんどん情報が発信されます。例えば、東京のある場所の放射能が異常に高く、福島原発の影響かと疑われましたが、結局、別な原因だったこともあります。

なお、インターネットの検索エンジンを使う場合も注意が必要です。検索する場合、官公庁や専門家の人は、言葉を正確に使うので、検索時は正確な言葉を選ぶ必要があります。その他、検索エンジンの有効な使い方を次に紹介します。



■ 検索エンジンの有効な使い方


まず、一般的な使い方を紹介します。その中で、[A -B](除外キーワードを指定し検索)という方法は、なかなか有効です。


■検索エンジンの使い方基礎


(1) [A B C] A、B、C全てが含まれる検索 (AND検索)

  単語と単語の間にスペース

  例) [和食 そば] この場合だと、和食とそばの両方が含まれるページを検索

(2) [A OR B] AまたはBが含まれる検索 (OR検索)

  OR は半角大文字、ORの前後には半角スペースを入力

  例) [和食 OR 洋食] この場合だと、和食か又は洋食が含まれるページを検索


(3) [A -B] Bを含まない検索 (除外キーワードを指定し検索)

  記号(-)は半角で入力、記号の前には半角スペースを入力し、キーワードは
  記号に続けて入力
  
  例) [和食 -そば] この場合だと、和食の中からそばを除いたページを検索

  例) [放射能 食品の安全性 -ブログ -2ch]
     放射能と食品の安全性が含まれ、ブログや2chの表現が含まれないページを検索
     

■Google検索 [検索オプション]

Google検索では、様々な条件を指定して検索することができます。検索オプションを活用すると、検索結果をより的確に絞り込むことができます。

Googleで通常の検索を実施後、検索結果の左下にある”検索オプション”をクリックすると、このページにアクセスできます。

下記のURLでも利用可能です。

 Google 検索オプション

 http://www.google.com/advanced_search


その他、下記も参考にして下さい。

 Googleヘルプ センター http://www.google.co.jp/support/?ctx=web&hl=jp


■Yahoo!検索 [条件を指定して検索]

Yahoo!検索では、様々な条件を指定して検索することができます。検索対象を特定のサイトに絞ったり、特定のファイル形式のみを検索したりなど、細かく検索条件を指定できます。

・Yahoo!のトップ画面で、検索キーワードに何も入力せず検索をクリック
・Yahoo!検索のトップページが表示。そのページで”条件を指定して検索”
 をクリックすると、[条件を指定して検索]の画面が表示されます。

下記のURLでも可能です。

 条件を指定して検索 - Yahoo!検索
 http://search.yahoo.co.jp/web/advanced?ei=UTF-8


その他、下記も参考にして下さい。

 Yahoo!検索 ヘルプ http://help.yahoo.co.jp/help/jp/search/



■ ”放射能と食品の安全性”で役立つ情報


食品に含まれる放射性物質の暫定規制値は、今後、見直しされる可能性があります。以下の情報は、あくまでも、2011/10/30段階での情報と考えて下さい。

なお、この問題については、私自身は全く素人なので、個人的な意見は差し控え、信頼のおける情報から、重要なポイントを引用して紹介します。

下記の情報から、基本的なことを理解し、今後、”放射能(暫定規制値)”がどのような基準・考えで変更・運用されるのか、冷静に見ていきたいと思います。


■厚生労働省発表の暫定規制値

正式な暫定規制値は以下で説明されています。


  暫定規制値の発表 平成23年3月17日
  厚生労働省 「放射能汚染された食品の取り扱いについて」
  http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e.html

  食品中の放射性物質の検査について|厚生労働省
  http://www.mhlw.go.jp/shinsai_jouhou/shokuhin.html


■なぜ「暫定」なのか?

日本生協連のホームページで分かりやすく説明されています。

  放射線、放射性物質、食品中の放射性物質についてのQ&A -日本生協連
  http://jccu.coop/food-safety/qa/qa03_03.html


『暫定規制値は、原子力安全委員会が放射線による健康被害を防ぐために定めていた「飲食物摂取制限に関する指標」をもとに厚生労働省が定めたものです。

食品安全委員会の食品健康影響評価を経ずに緊急に設定したため、「暫定」となっています。

食品の放射性物質の暫定規制値を決定するにあたっては、乳児、幼児、成人それぞれに対して食品群ごとに計算を行っています。そして、その中で一番厳しい値を、乳児、幼児、成人共通の暫定規制値としています。そのため、規制値決定にあたっては、乳児や幼児の影響も考慮されています。』


■食品と放射能 Q&A (消費者庁)

 http://www.caa.go.jp/jisin/pdf/110530food_qa.pdf

消費者庁では、放射能や、食品等の安全に関し、消費者が疑問や不安に思われていることを、Q&Aで冊子にまとめ、以下で公開しています。放射能による健康被害や風評被害の防止が目的です。

 1.放射能の基礎知識・人体への影響
 2.食品の放射性物質に関する規制
 3.「出荷制限」及び「摂取制限」と解除の考え方
 4.食品の安全性と被ばく予防
 5.野菜の安全性 
 6.魚の安全性 
 7.牛乳・肉・卵の安全性
 8.水道水の安全性


-Bq(ベクレル)とSv(シーベルト) *上記から引用

『1Bq(ベクレル)は、1秒間に1個の原子核が崩壊して放射線を出す放射能の強さで、数値が大きいほど、放射線を放出して崩壊する原子核の数が多いことになります。(中略)同じ1,000Bq(ベクレル)の放射能を有していても、放射性物質の種類が違えば、人の体に与える影響の大きさは異なります。そこで、人間が放射線を受けた場合の影響度を示す共通の単位が別にあります。これが、Sv(シーベルト)です。計測結果が同じ1Sv(シーベルト)であれば、人体に与える影響の程度は同じだということになります。』


-「外部被ばく」と「内部被ばく」 *上記から引用

『「外部被ばく」とは、体の外にある放射性物質から放出された放射線を受けることです。これに対し、「内部被ばく」は、放射性物質を含む空気、水、食物などを摂取して、放射性物質が体内に取り込まれることによって起こります。体内に取り込まれる経路には、①飲食で口から(経口摂取)、②空気と一緒に(吸入摂取)、③皮膚から(経皮吸収)、④傷口から(創傷侵入)の4通りがあります。』


-肉や卵の安全性 *上記から引用

『肉や卵については、現在、放射性ヨウ素の暫定規制値は定められていません。これは、放射性ヨウ素が半減するまでの期間が8日間と短いのに対し、肉や卵の生産から人が消費するまでには、それ以上の期間がかかり、放射性ヨウ素の肉・卵への蓄積や、人への移行の程度が小さいと考えられるためです。』


■放射線、放射性物質、食品中の放射性物質についてのQ&A -日本生協連

 http://jccu.coop/food-safety/qa/qa03_03.html

日本生協連が提供する情報です。消費者の立場にたち、図・表を使い、分かりやすく解説されています。

放射線、放射能、放射性物質って何ですか? ○○ミリシーベルトはどれぐらいの放射線量? 放射線が健康に与える影響 など、17個の質問に対するQ&Aがまとめられています。


-放射線が健康に与える影響 *上記から引用(なお本文は表形式で説明されています)

『Q4 放射線を受けると、私たちの健康にどんな影響があるのでしょうか?

放射線の影響は、大きく分けて「確定的影響」と「確率的影響」の二つがあり、概要は次の通りです。

確定的影響 ある程度以上の量を受けると必ず(確定的に)出る影響
      急性障害(吐き気、脱毛等)、不妊、白内障など

確率的影響 多くの放射線を受けると出やすくなる影響
      (確定的影響より少ない放射線量でも起こる)
      がんや白血病のリスクの上昇』


■放射性物質と食品に関するQ&A 食品安全委員会

 http://www.fsc.go.jp/sonota/emerg/emerg_QA.pdf


食品安全委員会がまとめた内容です。放射性物質の規制とは、暫定規制値を超える食品を摂取してしまった場合、放射性物質の半減期とは など、18個の質問に対するQ&Aがまとめられています。

  1.食品に対する不安について
  2.放射能、放射線について
  3.食品安全委員会の取組について

-放射性物質の半減期とは *上記から引用

『問14 放射性物質の半減期とはどういうものですか。物理的な半減期と生物学的な半減期はどう違うのですか。
(答)
1 放射性物質は、自然界に永遠に残るものではありません。放射性物質は種類によって、放射線を出す原子数が半分に減少するまでの時間が違います。例えばヨウ素 131 の場合は約8日と短い一方、セシウム 137 は約 30 年となっています。これを、「物理学的半減期」と呼んでいます。

2 一方、体内に取り込まれた放射性物質は、「物理的半減期」に従った半減に加え、排せつなどの生物学的な過程により体外に排出されます。こうした排せつなどにより体内の放射性物質が半分に減少する期間を「生物学的半減期」と呼んでいます。』



■放射性物質を含む食品による健康影響に関するQ&A 食品安全委員会

 http://www.fsc.go.jp/sonota/emerg/radio_hyoka_qa.pdf

食品安全委員会がまとめた内容です。放射性物質の食品健康影響評価(案)、放射線による健康影響の仕組み、子どもや妊娠・授乳への影響 など、18個の項目に対するQ&Aがまとめられています。

  1.基礎用語の解説
  2.食品中に含まれる放射性物質の食品健康影響評価(案)の概要等
  3.放射線による健康影響の仕組み
  4.子どもや妊娠・授乳への影響
  5.今回の原発事故による被ばく量・自然環境からの被ばく量等
  

東京スカイツリーは電波塔世界一、3.11大震災でも工事続行、世界に誇る日本の技術 [社会の動き]

大震災や福島原発の問題で元気の無くなっている日本人に、”なでしこジャパンのワールドカップ優勝”は、日本に勇気をくれました。そして、もう一つ、元気をくれる明るい話題が”東京スカイツリー”です。

日本の技術の高さを証明する、電波塔世界一の”東京スカイツリー”について、皆さんの元気パワーになればと思い、撮影した画像も含め紹介します。

地震国でありながら、高さ634mの”東京スカイツリー”は、自立式の電波塔として世界一の高さで、全建造物でもドバイのブルジュ・ハリファ828mに次ぐ世界第二位の高さです。

”東京スカイツリー”は、3.11の大震災の中でも、問題なく工事を続ける事ができ、地震の影響を受けず、その耐震性が証明されました、本当に素晴らしいです。

この”東京スカイツリー”は、断面が正三角形から上に行くに従って円に変化し、見る角度によって様々に姿を変えます。

そして最大級の地震や風にも耐えうるように、日本の伝統的な塔である「五重塔」の構造を参考に、徹底した構造設計が行われました。東京スカイツリーは日本の歴史的な技術に支えられた、世界に誇れる技術で作られています。


■”東京スカイツリー”は2012年5月22日に開業予定
  
  入場料 高さ350メートルの第1展望台が2000円(大人)
      高さ450メートルの第2展望台が1000円(大人)
     両方に上ると、計3000円(大人)

開業後1か月半程度の期間、ウェブ等による日時指定券の販売による「完全予約制」を導入、その指定料金として500円がプラス(期間中の当日販売券は無し)。


■東京スカイツリーのホームページ

  http://www.tokyo-skytree.jp/



■ ”東京スカイツリー”を撮影


押上駅(東京メトロ半蔵門線)から業平橋駅(東武伊勢崎線)まで歩いて、ちょうど半周の”東京スカイツリー”の写真をスライドショーの動画にして、Youtubeで公開しました。

  Youtube動画 2011年7月「東京スカイツリー」(建設中)-押上駅から業平橋駅
   http://youtu.be/q1D2E1if_vc

また、デジカメ写真も下記で公開中。

  Picasa ウェブ アルバム 2011年7月「東京スカイツリー」(建設中) - 夢一灯
   http://ow.ly/5VdA1


間近でみた”東京スカイツリー”は、本当に高いですね。デジカメを上にして、何枚も写真を撮っていたら、首が疲れました。

今回は、事前調査をせずに、押上駅に行きデジカメで写真を撮りましたが、Google マップで、撮影ポイントが紹介されています。写真を撮られる方は、事前に確認されると良いですね。

  東京スカイツリーのオススメ撮影ポイント - Google マップ
   http://is.gd/89rdnz



■ ”東京スカイツリー”の特徴


なお、”東京スカイツリー”の特徴を簡単な図にしてみましたので、紹介します。図が見にくい場合は、下記の図を参照下さい。

   「東京スカイツリー」の概要 - 夢一灯 - Picasa ウェブ アルバム

    https://picasaweb.google.com/lh/photo/WlAW69LTAHoWmKoB2xhzQA?feat=directlink


”東京スカイツリー”の足元は三角形で、底面三角形の「辺」の部分がだんだん膨らんできて、三角形のおむすびのようになり、まるっこい平面形になって、円に近づいていき、高さ約300mから円形へと変化します。このスカイツリーはどの高さで切っても同じ形がありません。

タワーが上にいくにしたがって三角形から円形に変化していくことで外観の表情が変化し、スカイツリーの姿は見る方向によって変わります。 なお、「東京スカイツリー」についての”うんちく”は、下記を参照下さい。

 ほぼ日刊イトイ新聞 - 東京スカイツリー うんちく50
 http://www.1101.com/skytree/index.html


また、東京スカイツリーが完成したさまざまな風景を、鮮明なCG画像でみることができます。

 東京スカイツリー完成時のCG(コンピュータグラフィック)画像
 http://www.tokyo-skytree.jp/about/slideshow.html


■五重塔のような、制振構造

地震や強風時の揺れに対し、安心・安全な建物とするため、中央部に設けた鉄筋コンクリート造の円筒(=心柱)と外周部の鉄骨造の塔体を構造的に分離し、中央部の心柱上部を「重り」として機能させた、新しい制振システムが用いられています。

一方、日本の伝統的な塔である「五重塔」は、これまでに地震による倒壊例がなく、その秘密は、同じく建物中央の柱=心柱にあると推察されています。


■高さ634mの決定

東京スカイツリーの高さは、プロジェクト当初は「約610m」でしたが、世界各地で高層建築物が計画、建設されているなかで、自立式電波塔として高さ世界一を目指すことで、634mに決定しました。


■「634」は印象に残る数字

世界一のタワー・地域のシンボルであるタワーとして、覚えやすい数字にするため、武蔵の国など「むさし」は日本人にとってなじみ深い言葉と考え、「634=(武蔵)むさし」という覚えやすい数値になっています。



■ 東京スカイツリーの場所、地図とアクセス


下記のホームページに詳しく掲載されています

  東京のデートスポット・遊び場情報
  http://tokyo.moo24.net/tokyo-skytree/751.html

なお、出かける前に下記も参考にして下さい。

  東京スカイツリーのオススメ撮影ポイント - Google マップ
   http://is.gd/89rdnz


■東京駅から東京スカイツリーへの行き方・アクセス

※乗り換え1回 大手町駅

所要時間:約21分
経路:東京メトロ丸ノ内線 東京駅→大手町駅 乗り換え 東京メトロ半蔵門線→押上駅
料金:190円

■上野駅から東京スカイツリーへの行き方・アクセス

※乗り換え1回 浅草駅

所要時間:約10分
経路:東京メトロ銀座線 上野駅→浅草駅 乗り換え 都営浅草線(普通)→押上駅
料金:260円


■羽田空港から東京スカイツリーへの行き方・アクセス

※乗り換えなし

所要時間:53分
経路:羽田空港国内線ターミナル 京浜急行空港線→京急蒲田→品川→泉岳寺→押上
料金:640円


東京スカイツリーの特徴

東京スカイツリーの写真

デジタル放送の特徴を確認し有効活用 [社会の動き]

アナログ放送の終了がまじかになりました。岩手・宮城・福島以外は、2011年7月24日には現行の地上アナログ放送が完全に停止し、地上デジタル放送のみの放送になります。

また、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県のアナログ放送についても、2012年3月で終了することになりました。

今回はデジタル放送の特徴を、整理してみましたので、参考にして下さい。なお、デジタル放送についての疑問は、下記の総務省のホームページを参照下さい。

 地上デジタルテレビ放送のご案内(総務省)
 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/dtv/index.html


デジタル放送の一つの大きな特徴に、地域の有益な情報などを提供する「データ放送」があります。

このデータ放送を使い、各局が番組情報やニュース、天気予報などを掲載しています。電力会社の”電力使用状況”も、このデータ放送で見れる地域もあります。

データ放送は、テレビリモコンの「d」ボタンを押すと各局のデータ放送にアクセスできます。リモコンの十字ボタンと決定ボタン、カラーボタン(青、赤、緑、黄色の4色ボタン)だけで操作できます。ぜひ一度、各局独自の「データ放送」を見て下さい。

東日本大震災では、データ放送を使い安否確認や計画停電などの情報が配信されました。インターネットに接続できない高齢者世帯などに基本的な情報を提供することに役立ち、聴覚障害者向けにリアルタイムの字幕付与も行われました。


 asahi.com(朝日新聞社):【放送】東日本大震災で発揮されたテレビとラジオの「力」
 http://www.asahi.com/digital/mediareport/TKY201104070281.html


今後、TV各局は、デジタル放送の特徴を使った放送を提供してくると思います。

NHKは8月6、13日に放送する「双方向クイズ 天下統一」(総合テレビ)で、データ放送の双方向機能を使って、視聴者がスタジオの出演者とともに一緒にクイズ参加することを考えています。

TBSは、8月27日開幕の世界陸上(韓国)の中継で、視聴者の感想をツイッターで募りデータ放送画面で紹介し、競技の経過や選手の情報もデータ放送に盛り込む予定です。



■ デジタル放送とは


地上デジタルテレビ放送は、2003年12月東京・関西・名古屋の3大都市圏においてスタートし、2006年までに全国主要都市でデジタル放送が開始されました。

デジタル方式は、0と1の2種類の情報しか送りませんので、雑音で乱れても、ある程度まで元の状態に復元することが可能です。そのため、アナログ方式より電波が弱くても、きれいに受信することが可能です。

また、デジタルの場合は、情報圧縮と呼ばれる技術が応用できます。情報圧縮は、セーターや布団を小さく圧縮して収納する圧縮袋を考えると分かりやすいと思います。

この情報圧縮技術により、同じ周波数帯域幅で、アナログ方式より多くの情報を送ることができます。アナログ方式で、1番組しか放送できなかった帯域幅で、3番組の放送ができます。



■ デジタル放送の特徴


(1) 高画質・高音質
   高画質とCD並みの高音質の番組、雑音などの影響が少なく、きれいな映像で見ることが可能

(2) データ放送
   天気など暮らしに役立つデータを提供

(3) 一つのチャンネルで複数番組を放映できるマルチ放送機能
   主チャンネルでは番組表通りのドラマを放映し、副チャンネルでは野球の延長中継を放映

(4) 双方向性
   クイズ番組に参加したり、アンケートに答えたりする双方向サービス

(5) 電子番組表
   電子化されたテレビ番組表のことで、テレビ画面に番組表を表示

(6) 高齢者や障害者にやさしい
   TVの音声をゆっくり流す、点字サービス等、福祉サービスに充実した放送が可能

(7) 携帯で番組を視聴可能(ワンセグ放送)
   携帯端末でもTV番組をみることが可能、災害時の情報源としての重要な役割が可能

(8) 電車・バス等での移動体での受信が高品質
   電車やバス等に設置したテレビでも、きれいに受信・視聴することが可能



■ デジタル放送の特徴解説



特徴1:"高画質・高音質でワイドな画面"
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
デジタル放送の最大の魅力と言えるのがこの高精細な画質です。

これまでのアナログのテレビ放送は、525本の走査線を使った縦横比4:3の画面で放映していましたが、地上デジタル放送では、最大1125本の走査線を使った縦横比16:9のハイビジョン画質がメインとなります。

また、ノイズにも強い仕組みも持っています。地上放送では、画像が左右方向にだぶって見える「ゴースト障害」がありますが、デジタル方式は、このような事が発生しないような仕組みが組み込まれています。

画質ばかりでなく、音声もCDなみの音質に向上します。音声データはAAC(Advanced Audio Codec)という圧縮形式が採用されています。例えば、これまでの2カ国語放送は、左右のチャンネルにそれぞれの言語が割り振られ、それぞれをモノラルでしか聴くことができませんでしたが、デジタル放送では、それぞれの言語をステレオで楽しめます。


特徴2:"データ放送サービス"
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

デジタル放送では、データ放送も同時に楽しめます。データ放送とは、放送局が番組の映像・音声とともに文字やイラストなどのデータを提供するサービスです。

番組案内やニュース、市町村ごとの天気予報・災害情報、番組に連動したクイズなどをテレビ画面に表示します。視聴者が番組を見ながら買い物をしたり、クイズに回答したり、意見を送ったりする双方向機能も持ちます。

データ放送は、リモコンの「dボタン」を押せば見ることができます。番組の内容とは関係なくニュースや天気予報が送られてくる独立型のサービスと、今見ている番組に関連したデータが送られてくる連動型のサービスがあります。


特徴3:"複数番組を同時放送するマルチ放送"
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

デジタル放送では、一つのチャンネルでアナログ放送と同じ標準画質の番組を一度に2~3番組同時に放送することができます。これをマルチ放送と呼んでいます。

例えばスポーツ中継で試合が予定通りに終了しなかった場合など、次の番組を放送しながら、引き続き同じチャンネルから延長戦の中継を放送、さらに臨時ニュースを割り込ませるなど、1つのチャンネルで3番組まで同時放送することができます。

デジタル放送では、1チャンネルを14等分して(一つの単位は「セグメント」)利用します。標準画質はこのうちの4個のセグメントで一つの番組を放映し、3つの標準画質の番組を放映することが可能です。また、12個のセグメントを使って1つのハイビジョン映像を放映します。

また、携帯端末向けに、1個のセグメントを使ってよりデータ量の少ない番組を放映しています(ワンセグメント放送)。


特徴4:双方向性
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

日常会話で話しをする時お互いに話しのやり取り、つまり一般に言うところの会話をしますが、この様なやり取りが出来るのを「双方向性がある」と言います。

従来のテレビは視聴者は画面からの情報をただ一方的に受け入れるだけでした。しかし、デジタル放送の場合は、例えばテレビのクイズ番組に自分が直接答えたり、討論番組などで出演者に自分の疑問点を問い掛けたりする事も可能になります。


特徴5:"録画方式の変更"
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

デジタル放送ではハイビジョンなどの高画質の番組が大きな特徴のひとつですが、しかし重要なことは「番組の著作権」です。

録画した番組を個人で楽しむ限りは問題ありませんが、録画した番組を許可なくダビングして他人に配ることは法律に違反します。また不正にダビングしたテープが出回るようなことになれば、番組の制作者や出演者などの権利が著しく侵害され、良質な番組の提供に支障をきたすことになります。

デジタル放送の場合、デジタルがゆえに劣化のないコピーが簡単に行え、番組の不正コピーが高画質のまま大量に出回る恐れがあり、そうした事態を防ぐため、地上デジタル放送はコピー制御の仕組みが導入されています。


≪補足≫ 地上デジタル放送の仕組みとワンセグ(ワンセグメント)

地上デジタル放送は、1チャンネル(6MHz)の帯域幅を14等分して活用します。この14等分の一つを「セグメント」と言い、13個の「セグメント」を使って放送し、残り1つを隣のチャンネルとの混信用として利用します。

なお、13個の「セグメント」の内、12個は通常の放送に使われます。

標準画質であれば4個のセグメントで十分で、4個ずつのセグメントを使って、3つの番組を放映できます。なお、ハイビジョン映像は、標準画質の3番組分、12個のセグメントを使って放映します。

残りの1個のセグメントを使って、よりデータ量の少ない番組を、携帯等のモバイル向けに放送します。このため、「1セグメント部分受信サービス(呼称:ワンセグ)」と言われます。



前の5件 | - 社会の動き ブログトップ
(図で覚える)コンピュータ用語学び塾 | Facebookページも宣伝
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。