So-net無料ブログ作成
検索選択
[インターネット]情報発信 ブログトップ

ブログ・SNS炎上、気楽に書いたことが多くの批判に [[インターネット]情報発信]

燃え盛るという意味の「炎上」という言葉、「ブログが炎上」などということを耳にします。

インターネットの世界で、炎上というと、"ブログやSNSの記事に批判的なコメントが殺到する状況"ですが、この炎上事件は、私たちに、インターネットに情報発信する場合にどんな点に注意しないといけないのか教えてくれます。

ブログやSNSで文章を書いていると、話題の内容に関して、自分の素直な感想など、何を書いてもよさそうな気分になるときがあります。

しかし、忘れていけないのが、インターネットの世界では、「自分の書いたものを誰がみているか分からない」ということです。インターネットには、様々な年齢・価値観・団体の人がいます。様々な人がブログ・SNSを見ていることを常に意識することが大事です。

日常生活での会話、メールであれば、相手がある程度分かるので、どのような発言、メール内容に注意したらよいか分かりますが、インターネットは違います。

日常生活で会う人たちとは違う人たちで溢れているのがインターネットです。そのため、日常生活では、なんともないと思った発言が、インターネットでは大きな反響を呼ぶことがあります。

なお、あまり、神経質になると、ブログやSNSに自分の意見を書けなくなりますが、「注意しないと炎上することがある」ということを覚えておけば、必然的に、同じ話題でも、誤解を招かないような内容になると思います。

炎上とはいかないまでも、私も、何気なく書いたブログの内容で、思わぬ意見をもらったことがあります。しかし、逆にそのことで学ぶことができ、自分とは違った価値観・立場の人がいることを知ることができました。

以下のホームページは、ブログ炎上に関して非常によく整理され、参考になる情報が満載です、関心のあるかた、困っている人には非常に有益です。下記は第1回のホームページですが、第10回まであります。

 「なぜあのサイトが燃えたのか? 実例で学ぶ! ブログ炎上」
  -第1回 「炎上とは何か」(アスキービジネス
  http://ascii-business.com/zeisei/blog-enjo/enjo-01.html


■■
■ ブログ・SNSが炎上しないための心構え
■■

下記の参考情報より、ブログ・SNS炎上に関して注意すべき点を纏めると以下の内容になります。

■なぜあのサイトが燃えたのか? 実例で学ぶ! ブログ炎上
  http://ascii-business.com/zeisei/blog-enjo/enjo-01.html
■なぜ起こる? 「炎上」の力学
  http://www.itmedia.co.jp/anchordesk/articles/0609/04/news012.html


(1) 燃えやすい話題(発火点の低い話題)は避ける  多くの人が不満を抱いている話題、タブー視されている話題はなるべく避け、「火の用心」に心がけましょう。皇室や宗教、政治問題といった話題は、燃えやすく発火点が低いので、慎重な取り扱いが必要です。

(2) ブログやSNSの向こう側にたくさんの知らない人達が居ることを忘れない  ブログやSNSは、その向こう側にたくさんの知らない人達が居ることを忘れてはいけません。悪口を書けば、書かれた人も見ている可能性が高いと考えたほうがよいです。

(3) 仕事関係の発言は慎重にする  店員がブログや日記で、気楽な気持ちで客の悪口を書き込んだことがきっかけで、その店員を雇用する会社に抗議が殺到するケースもあります。

(4) やらせをしない  やらせのブログは、ほとんど見透かされ、炎上につながるので、もし、やらせでも行いたい場合は、そのことを明確に宣言した上で記事を作成しましょう。

(5) 誤りがあったらすぐに謝罪  炎上しても早い段階で謝罪すれば、炎上はひどくなりません。

(6) 都合が悪いことを削除しない  都合の悪いコメントを削除しても、Googleのキャッシュなどからその記載を「発掘」され、炎上につながることがあります。誤りがあった時には削除せずに率直に謝罪し、反対意見や批判的な意見は貴重な意見としてそのままにしておきましょう。


■■
■ ブログ炎上の例
■■

以下に、「なぜあのサイトが燃えたのか? 実例で学ぶ! ブログ炎上」の中から、炎上の例を簡単に紹介します。詳しくは、ホームページを参照下さい。
http://ascii-business.com/zeisei/blog-enjo/enjo-01.html

■ やらせ系ブログの炎上

2005年11月に、某メーカが新製品の発売に合わせて、製品を使用している4人の消費者のブログを紹介。しかし、写真が不自然であることか ら、やらせブログではないかとの疑いを持たれ、ブログのコメントに意見の書き込みが増大、オープン3日で閉鎖。ブログの閲覧者は「やらせ」のような嘘を嫌うことで発生する炎上の例。

■ 飲酒運転などを自慢気に日記に書き込み炎上

SNS内の日記に、大阪のある未成年の大学生が飲酒運転を行なったことを書き込みました。その結果、その学生が所属する大学コミュニティなどで「不謹慎だ」「指導が不十分」といった批判が殺到し、炎上が発生。

■ 執筆や講演などを行なっている言葉のプロでも炎上

評論家が、出会ったトヨタ自動車の期間工とのやりとりを書いたブログの中で、「彼らはトヨタを漢字で書くことができるのだろうか」「彼らに年間300万円払っているトヨタは偉い」などといった記載が「期間工を馬鹿にしている」と反感を買いました。

■ 皇室の話題へのコメントで批判集中

「五体不満足」の著書のオフィシャルブログで、秋篠宮夫妻の長男悠仁さまご誕生に対する コメントが引き金となって炎上しました。皇室や宗教、政治問題といった話題は発火点が低いので、「火気厳禁」の慎重な取り扱いが必要です。


ブログは簡易型ホームページ、簡単に自前のホームページが出来る [[インターネット]情報発信]

ブログという名前はよく聞きますが、最近では芸能人、スポーツ選手等も盛んにブログを作っています。以前は若い人の利用が多かったですが、最近は中高年にも人気が出てきたようです。

一言でいうと、ブログは「簡単に作れるホームページ」です。ブログのレイアウトは事前に準備されており、レイアウトを選択し、記事を書くだけで、記事が並んだホームページが自動的に作成されます。

ブログ(blog)は、「Weblog(ウェブログ)」を略した呼び名で、日記形式のホームページです。

  Weblog = Web(ホームページ) + log(日誌)

ブログの魅力は、従来のホームページの様な手間もいらず、日記・趣味・仕事の話題等の情報発信が簡単にできることです。

ブログでは、ホームページの様な作成するソフトもいらず、会員登録(ほとんど無料)すれば、定型のレイアウト(テンプレート)を使って簡単にホームページが作成でき、必要な記事を入力するだけで、記事が時系列に並んだホームページが自動的にできます。

ブログの特徴を、整理してみると、以下になります。

(1) 自分がインターネットに公開したい情報(日記、趣味等)をホームページの形で簡単に公開できます。  特別なホームページ作成ソフトは不要です。更に、ブログ(ホームページ)のレイアウトも何種類か用意されており選択するだけです。

(2) 無料の「Blogサービス」が多く、会員IDを登録すれば、その日からブログを開設でき、自分の情報をインターネットに発信できます。

(3) パソコンばかりでなく、携帯からも記事を投稿できます。

(4) ブログは検索エンジンに有利に働き、検索エンジンでよくヒットします。 ブログは内容がテキスト中心で、また、他のブログからリンクされることで、検索エンジンの検索に有利に働きます。

(5) お互いのブログを相互にリンクするトラックバック機能  自分が書いた記事と関連した記事に自動的にリンクを張るもので、お互いに「誰にリンクを張って、誰からリンクされているのか」を知ることができます。



■ ブログの作り方


かなり前になりますが、ブログで有名な、眞鍋かをりさんが、雑誌「旬なテーマ」2005年11月号に掲載した記事は、「ブログの書き方」について大変役立つ内容でした、下記に一部紹介します。

(注)下記の(1)は、SNSなどが出てきたので、ブログだけの特徴ではないですね。

(1) ブログは自分を出せる場所  仕事や日常のことからちょっと離れて、その人の最も人間ぽい部分をかける場。いろんな人生経験をブログで公開したら楽しいと思う。

(2) 具体的なテーマを決める  「お仕事日記」とか「子育て日記」みたいに具体的なテーマを決めると読む人は興味を持ちやすい。   

(3) 各記事のタイトルには、ブログの内容が一目でわかり、インパクトのあるものを

(4) 書く話題は具体的に  テーマを絞り、話題が広がり過ぎないようにすることが大切。自分が書きたいことについて自由に書いていくことが、続ける一番の秘訣。

(5) ちょっと自虐的に書いてみる  上の目線から意見するような書き方でなく、ちょっと自分を茶化して書いているようなブログは好感が持てる。

(6) 記事の書き方がブログの"店構え"になる  記事の行間の空け方、文字の大きさ、バランス、色でそのブログの印象が決まる。つまり自分なりの書き方のスタイルを工夫すること。

(注)上記内容は記事の内容の一部を省略しています。正確には、下記の雑誌を見てください。

参考情報:雑誌「旬なテーマ」2005年11月号
"眞鍋かをりに みんなに読んでもらえる「ブログ」のやり方を教えてもらう"



■ 人気のブログサービス一覧


ブログサービスには、多様なサービスがあります。日本で代表的なブログを以下に紹介します。いずれも無料で利用できますので、まずは、利用してみると良いと思います。

なお、ブログサービスは、それぞれ特徴があるので、自分に合ったブログを見つけてください。利用してみて、自分に合っていないなと感じたら、そのブログを退会し、また別なブログサービスを利用したら良いです。一般的な利用方法は、下記になります。

(1) 会員登録しユーザIDを入手
(2) ブログの開設
(3) ブログのレイアウト(テンプレートとも言います)の選択
(4) 記事を書く

★:初心者の方にお勧めのブログ

★■goo ブログ  http://blog.goo.ne.jp/
検索エンジンgooが提供するブログサービス。テンプレート(レイアウト)も多く使いやすいブログサービス。

★■楽天広場  http://plaza.rakuten.co.jp/
楽天のブログサービス。楽天の商品にアフィリエイトをはれるという特徴があります。操作が簡単で初心者には利用しやすいブログサービス。

★■Amebaブログ  http://ameblo.jp/
サイバーエージェント提供のランキング型、無料ブログ、アメーバブログ。人気のあるブログサービス。

■はてなダイアリー  http://d.hatena.ne.jp/
「はてな」提供の日本で最も古いブログの一つ、高機能なブログです。「はてな」はインターネットに様々なサービスを提供している会社です。

■FC2ブログ  http://blog.fc2.com/
無料レンタルサービスFC2運営のFC2ブログ。参加者が多いブログサービス。

■livedoorブログ  http://blog.livedoor.com/
ライブドアのブログサービス、人気のあるブログサービス。

■Yahoo!ブログ  http://blogs.yahoo.co.jp/
検索エンジンYahoo!が提供するブログサービス。

■ココログ   http://www.cocolog-nifty.com/
プロバイダNifty提供のブログ。老舗のブログサービスの一つです。


■■
■ ブログをうまく書く秘訣とは
■■

ブログにこれまで様々な内容を書いてきましたが、なかなか、うまく書けないものです。なお、ブログの書き方に関して、いくつかの本を読んできましたが、以前に読んだ下記の本は、非常に参考になるものでした。

 『「書ける人」になるブログ文章教室』(山川健一著 ソフトバンク新書)

内容は多少硬いですが、何度読んでも教えられる点がありました。この本の中から、ブログを書く人に特に参考になる内容を一部紹介します。

(1) 自分が「得意なジャンル」が何かを考えること。  たくさんの人に読んでもらうためには、自分のウリが何かをよく考える。

(2) ブログを始める時に大事なのは、何よりブログの「タイトル」。  映画でも小説でも音楽でも、まず興味を引くタイトルが必要だが、ブログも同じ。可能な文字数の中でできるだけキャッチーなタイトルにする。

(3) ブログには「今」を書くこと。  ブログは時間軸が大事。ブログは、時間軸に沿って書かれるものであり、読者も同じ時間の流れに沿って生きている。

(4) 「本音」で書くこと。  ブログをはじめとするインターネット上の文章がこれだけ読まれるのは、そこで語られていることが本音で貫かれているから。

(5) 自分自身の日本語を鍛えつづけること。  音声も動画もブログに取り込めるようになったが、やはり、ブログの基本はテキストデータ、すなわち言葉。言葉というのは人間の活動の中心にあるもので、ブログにおいてもそれは変わらない。


現代は、個人が情報発信する機会が増えてきました。電子メール、ホームページ、SNS、ブログ、様々な手段で、情報発信できます。

しかし、日常会話で「あ、それ」「そうそう、それ」といった曖昧な表現では通じません。また、自分とは経験も年齢も価値観も違った多くの人が、自分が発信した情報を見るので、「正確に伝わり、誤解を与えない」ような文章を書くことが大事ですね。

インターネットが普及した現代社会こそ、文書力が求められますね。


[インターネット]情報発信 ブログトップ
(図で覚える)コンピュータ用語学び塾 | Facebookページも宣伝
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。