So-net無料ブログ作成
検索選択

SugarSync有料化に伴い、お勧めの"同期型"オンライン・ストレージ・サービスとは?

「SugarSync」は「Dropbox」と並び、オンライン・ストレージでは人気のサービス。ところが、無料プランは米国版は2014年2月8日に終了するとのこと(日本語版は継続)。

良いサービスだったので、有料版に変更しようと考えましたが、この機会に、別のサービスを使うことにしました。すでに「Dropbox」はメインとして使っていたので、これに加え、定番の「Googleドライブ」、「SkyDrive」を使うことに決定。

昨年、SugarSyncの方から有料化のメールが来たときはエッ!と驚きました。でも、仕方が無いので、昨年から、「Googleドライブ」、「SkyDrive」を使い始め、遅まきながらその良さを知りました。その結果を今回、簡単に紹介することにします。

最近は、いきなりサービスを中止するオンライン・ストレージもあり、本当に困ったものですね。でも、「Googleドライブ」はGoogle提供、「SkyDrive」はMicrosoft提供なので、安心して使えます。


《補足》SugarSync、私の場合は、米国版のサービスを使用していたので、今年(2014年)の2月6日には次のようなメールが届きました。

「あと 3 日間でアカウントを使用できなくなります。引き続き SugarSync をご利用いただくには、今すぐ有料プランにアップグレードする必要があります。」(SugarSyncからのメール)


■ まず”同期型”のオンライン・ストレージ・サービスとは

オンライン・ストレージの中でも、便利なのは、このサービス。パソコンで作業しながら、影で自動的にインターネットにデータをバックアップしてくれるので便利です。

まずは、サービス専用のクライアントソフトをパソコンにインストールします。そうすると、パソコンに特定フォルダーが作成され、そこにデータを入れておくと、自動的にインターネットにバックアップしてくれます。

このサービスは、パソコンのファイルとインターネットの中のファイルの内容が、同じになるように常に監視され、パソコン側が変更されれば、ほぼ同時に、インターネット側も更新されます。インターネットにデータをアップロードする手間が不要です。


■ お勧めのサービス

この手のサービス、様々ありますが、最初にお勧めが、世界的に人気で、私も数年前から使っている「Dropbox」ですね。操作も簡単で、インターネットとの通信もスムーズ、3年以上使っていますが、特に問題はなかったですね。

次に、お勧めなのが「SugarSync」となるのですが・・・・有料化ということで、Google提供「Googleドライブ」、Microsoft提供「SkyDrive」をお勧めします。

オンライン・ストレージ・サービスを利用するためには、それぞれユーザ登録が必要ですが、「Googleドライブ」はGoogleアカウント、「SkyDrive」はMicrosoftアカウント(旧Windows Live ID)を持っていれば利用できます。


■ 同期型オンライン・ストレージ「Dropbox(ドロップボックス)」

 https://www.dropbox.com/

機能はシンプルで使いやすく、オンライン・ストレージではトップの人気を誇るサービスです。無料で容量2GBが使用できるサービスです。使えば使うほど、良さが分かってくるサービスですね。

動作も機敏で、私は数年、このサービスを使っていますが、このサービスのお陰で、どのパソコンから、そしてパソコンをWindowsXPからWindows7に変更したときも、重要なデータはDropboxのクライアントソフトをインストールして、すぐに使えたので便利でした。

なお、唯一欠点なのが、無料で使える容量が2GBと少ない点です。使い始めの頃は、エッ、2GBなんてすぐに満杯になるよ!と考え、確かに、数か月後には無料容量ギリギリになりました。

しかし・・・保管するものを限定し、ブログの記事とか頻繁に更新する内容で、重要なものをDropboxに保管しよう!と考え運用を変更したら、”無料の2GBで充分”だということが分かりました。

なお、専用のソフトをインストールすると、同期用フォルダ「%USERPROFILE%\Dropbox」(デスクトップにショートカット)が作成されます。このフォルダにファイルを保存することで、同時にインターネットに保存され、データの同期がとられます。


《補足》
Dropboxには無料で使える容量を増やせる方法がありますので、下記を参照下さい。

 Dropboxの容量を無料で増やそう!最大19.75GB追加できます!(2012年度版)
 http://www.appbank.net/2012/06/11/iphone-application/418719.php



■ 同期型オンライン・ストレージ「Googleドライブ」

 http://www.google.com/drive/about.html

Googleドライブのオンライン・ストレージは、最大15Gbytesまで無料で利用できます(ただしGmailやGoogle+フォトと共有)。無料で使える容量が大きいのは良いですね。

「Dropbox」「SugarSync」より後発のサービスですが、Google提供で安心して使え、データの同期なども高速です。

専用のクライアント・ソフトウェアをインストールすると、Windowsの場合、Googleドライブとの同期用フォルダ「%USERPROFILE%\Google ドライブ」(デスクトップにショートカット)が作成されます。


■ 同期型オンライン・ストレージ「SkyDrive(スカイドライブ)」

 http://windows.microsoft.com/ja-jp/skydrive/download

「SkyDrive」はMicrosoftが提供しているオンライン・ストレージ・サービスです。7GB のストレージを無料で利用できます。Windows 8.1にはSkyDriveのクライアント・ソフトウェアがプレインストールされています。

SkyDrive から Word、Excel、およびその他の Office ドキュメントを開いて作業することができ、OfficeのオンラインアプリOffice Web Appsを利用し、制限はありますがデータ編集も可能です。

Windows環境の場合、SkyDriveのクライアント・ソフトウェアをインストールすると、Windowsの場合、同期用フォルダ「%USERPROFILE%\SkyDrive」が作成され、このフォルダ以下にあるファイル/フォルダをオンライン・ストレージと同期します。


■ 重要なデータは保管しないほうがよいが、保管する場合は暗号化して保管

私は、オンライン・ストレージに重要なデータを保管する際は、万が一のことがあるので、暗号化し保管しています。私が一番気に入っているのが、暗号化の方法が下記です。

 ”一般的に使われている「暗号化圧縮形式Zip」で暗号化”
 
暗号化圧縮形式Zipは、一般的な圧縮形式であり、このデータ形式をサポートする様々なソフトがあります。

もし、特殊な暗号化ソフトを利用した場合、万が一このソフトが利用できなくなると、復号化できず、もとに戻せなくなるので、要注意です。

なお、「ED」などの暗号化ソフトを使った場合、暗号化を解いて(復号化して)利用した際、復号化された通常ファイルが、履歴としてインターネットに保管される可能性があり、危険ですね。


■ お薦めの暗号化対応 圧縮・解凍フリーソフト「7-Zip Portable」

「7-Zip Portable」は、USBでも使えるポータブルタイプのフリーの圧縮・解凍ソフト。このソフトは、高圧縮率を実現し、ポータブルタイプの圧縮・解凍ソフトでは、代表的な人気のあるソフトです。専用の形式「7zフォーマット」に対応するほか、各種の圧縮・解凍形式をサポートしています。

強力な「256AES 暗号化機能」、自己解凍形式、ファイルの分割・結合、テストの実施、お気に入り機能などをサポートしています。

7-Zipについては、下記のホームページを参照下さい。

 7-Zipのホームページ(日本語)
 http://sevenzip.sourceforge.jp/


実例(Q&A)で学ぶ生活の中の著作権 [[インターネット]危険と安全]

日常生活に著作権は非常に関係があります。 インターネットが普及した今、著作権は私たちの日々の行動に関係し、安易に他の人が作成したものを利用すると”著作権で違法!”ということにもなります。 しかし、この著作権、数年前から勉強していますが、理解するのはなかなか難しいですね! そこで、日常の事例で著作権を考えたら、著作権がより身近になり、理解しやすくなると考え、経験・本・インターネットの情報から、著作権に関係ある内容をQ&Aで整理し、ブログで公開しました。

以下に、「Q&Aで学ぶ生活の中の著作権」の内容を紹介します。少しでも、参考になればありがたいです。

例えば、【音楽CDの使い方、これって違法なの? 日常生活の著作権Q&A】では、以下の日常の事例で、”違法でないか/違法か”を著作権法をもとに説明しています。

問題1: 音楽CDに収録されている曲を、個人で楽しむために自分のデジタルオーディオプレーヤーにコピーして聴く行為・・・さて違法でしょうか?

問題2: 音楽CDに収録されている曲の歌詞を個人のWebサイトに掲載する行為・・・さて違法でしょうか?

問題3: 音楽CDのジャケットのイラストを個人のWebサイトに掲載する行為・・・さて違法でしょうか?

問題4: 音楽CDの中に気に入った曲があったのでコピーして、自分のホームページ上から音楽を流す行為・・・さて違法でしょうか?

問題5: レストランで、適法に購入したCDをCDプレーヤーで再生する行為・・・さて違法でしょうか?


■音楽CDの使い方、これって違法なの? 日常生活の著作権Q&A

音楽CD、単に音楽を楽しむことは、当然問題はありませんが、著作権上、様々な問題が発生することがあります。どのような問題が発生するか、以下のブログでQ&Aにしました。

 http://yumepatent.blogspot.com/2014/02/cd.html


■DVDの使い方、これって違法なの? 日常生活の著作権Q&A

面白いDVDがあったので自分の店で見せよう、私的使用であればDVDのコピーもOKだろう・・・と考えがちですが、DVDを見る・見せるという行為にも著作権は複雑に絡んでいます。

最近は、DVDを様々な場面でみる機会が多いとおもいますので、DVDの使い方と著作権について、以下のブログでQ&Aにしました。

 http://yumepatent.blogspot.com/2014/02/dvd.html


■個人的なコピー行為、これって違法なの? 日常生活の著作権Q&A


コピーは、日常生活の中でよく実行されます。CDのコピー、文書のコピー、コンビニでの本のコピーなどなど。そして、コピーしたものを家庭、会社、教育で使っています。

なお、このコピー行為には著作権が大いに絡んでおり、「自分の範囲で使うから勝手にコピーしても問題ないだろう!」と考え安易にコピーすると、著作権侵害になります。日常の事例をあげて、”著作権侵害になるか/ならないか”を、以下のブログでQ&Aにしました。

  http://yumepatent.blogspot.com/2014/02/q.html


■他人の文章や画像を勝手に変更して利用すると違法 日常生活の著作権Q&A

他人の文章などを「勝手にコピーして使っていけない」というのは分かりますが、文章の内容を勝手に変更してはいけないという”同一性保持権”があります。

コピーをする権利(複製権)などは”著作財産権”と言われ、著作者の財産的な利益を保護する権利ですが、もう一つ大事な権利に”著作者人格権”という、著作者の人格的な利益を保護する権利があります。”同一性保持権”は”著作者人格権”の一つですが、なかなか難しいので、以下のブログでQ&Aにしました。

  http://yumepatent.blogspot.com/2014/02/q_4.html


外国の著作物を翻訳して利用しても大丈夫? 日常生活の著作権Q&A

外国の記事で参考になるような記事がありますね。このような記事を翻訳して利用しても良いのでしょうか? 翻訳に絡む内容を、以下のブログでQ&Aにしました。

  http://yumepatent.blogspot.com/2014/02/q_5.html

私も外国のインターネットの記事や本の内容を訳して、ブログやホームページに掲載しようとした時、なんども悩んだ内容です。


■Webサイトの動画を閲覧したりダウンロードする行為は大丈夫? 日常生活の著作権Q&A

Webサイト(ホームページ)の活用方法は様々あります。音楽を聴いたり、動画を閲覧したりダウンロードしたり、ソフトをダウンロードしたりと、様々です。なお、このようなWebサイトを利用する際、著作権を侵害し問題が発生する場合があるので、充分な注意が必要です。

なお、平成24年には著作権法が改正され、違法ダウンロード行為、DVDリッピング行為(DVDのデータを取り出す行為)の違法化が盛り込まれました。そこで、Webサイトを利用する際の注意点を、以下のブログでQ&Aにしました。

  http://yumepatent.blogspot.com/2014/02/webq.html


■上演・演奏・上映・貸与するときに気をつける行為とは? 日常生活の著作権Q&A

楽器での演奏、CDの演奏、DVDの上映、物の譲渡・貸与などの、著作物を提示・提供する行為は、以下のようになります。

  著作物の提示・・・上演・演奏、上映、公衆送信・伝達、口述、展示
  著作物の提供・・・譲渡、貸与、頒布
  
  *「著作権法入門」(島並 良 他 (著)) P129から

上記の上演・演奏、上映などの、日常生活での行為に絡む著作権Q&Aを、以下のブログに整理しました。

  http://yumepatent.blogspot.com/2014/02/q_6.html



なお、正確さを期するため、以下の文献を参考に、事例紹介及び解説をしています。著作権を理解したい方にもお勧めの本です。


 1.著作権法入門 (島並 良  他 著 出版社:有斐閣)

 2.著作権法入門(2013-2014) (文化庁編集、著作権情報センター出版)

 3.プライベートからビジネスまで 60分でわかる! 図説 著作権
         (中川勝吾著 ディスカヴァー携書)

 4.ビジネス著作権検定 初級 問題集(サーティファイ編著)

 5.ビジネス著作権検定 上級 問題集(サーティファイ編著)



(図で覚える)コンピュータ用語学び塾 | Facebookページも宣伝
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。