So-net無料ブログ作成

年賀状作成に役立つホームページと「年賀状メール」のマナー紹介 [[パソコン]活用]

今年も年賀状の季節になりましたので、少し遅くなりましたが、2013年の年賀状作成に役立つサービス、テンプレート・素材の無料サービス、年賀状作成ソフトについて紹介します。

*以下に紹介するホームページは、これまでも定評のある内容で、今後も役立つ内容だと思います。

また、最近、良く使われる「年賀状メール」のマナー、年賀状ソフトを使う場合の基本用語、についても紹介しますので、参考にして下さい。


■ 年賀状作成時に役立つサービス


インターネットには年賀状に関する様々なサービス・情報がありますが、その中で役立つものを紹介します。


(1) 郵便番号検索 - 日本郵便

 http://www.post.japanpost.jp/zipcode/index.html

郵便番号検索などに便利です。


(2) 年賀状・暑中見舞いドットコム

 http://www.nengasyotyuu.com/nenga/index.html

年賀状の基本、年賀状を作成するソフトウェア、パソコン年賀状の作り方などが紹介されています。


(3) 基本3原則 年賀状、書き方の基本ルール

 http://allabout.co.jp/gm/gc/71865/

文面(裏書き)の基本のフォーマット、宛名(表書き)のルールなど、年賀状に対するマナーについて、詳しく紹介されています。一読すると、年賀状で気をつけたいマナーが分かります。なお、下記も良いですね。

 ビジネスマナーと基礎知識「年賀状」
 http://www.jp-guide.net/businessmanner/letter/nengajo.html



■ 2013年年賀状 テンプレート・素材(画像)提供の無料サービス


多くのサービスがありますが、使ってみて便利だった、無料サービスを紹介します。なお、(1)~(3)のサービスを使った簡単な年賀状を添付しますので、参考にして下さい。


(1) 年賀状作成おたすけサイト - キヤノン クリエイティブパーク

 http://cp.c-ij.com/ja/event/nenga/index.html

フォーマル年賀状 119件、デザイン年賀状 212件、絵と文字 1279件 が圧縮データ(zip形式)で提供されています。提供されている数が多く、画像もなかなか綺麗で便利なサイトです。


(2) 年賀状クイックサーチ|郵便年賀.jp - 日本郵政グループ

 http://yubin-nenga.jp/search/

日本郵便株式会社が提供するサービスです。1000種以上のテンプレート・素材が揃っており、検索もでき、便利です。


(3) 年賀状2013 - ブラザー

 http://www.brother.co.jp/product/printer/sp/download/g_ny2013_illust/index.html

デザインテンプレート 33件、フォトフレーム 17件、クリップアート:イラスト 29件、クリップアート:文字 21件、年賀状ベーシック 43件 と数が少ないですが、それぞれが画像形式(jpg)で提供されており、使いやすいです。


(4) 無料年賀状素材・テンプレート - 年賀状AC

 http://www.new-year.bz/

約600種類の年賀状素材と約300種類の年賀状テンプレートが無料でダウンロードできます。利用するには、無料の会員登録が必要です。



■ 年賀状作成ソフト


年賀状ソフトには、以下のタイプがありますが、年賀状作成・住所録管理の機能が豊富で、インストールも容易な、「年賀状ソフト 市販製品」が良いように思います。

(1) 年賀状ソフト 市販製品(パッケージ製品)
(2) 年賀状ソフト 市販製品(ダウンロード版)
(3) 無料の年賀状ソフト
(4) 既存ソフト Word・Excelなど

なお、「年賀状ソフト 市販製品」には、(1)、(2)のように、店頭などで売られているパッケージ製品とダウンロード版があります。

ダウンロード版は安価ですが、ダウンロードしてからインストールするなど、インストールに手間がかかり、機能も制約されており、多少お金はかかりますが、パッケージ製品のほうが良いように思います。

私は、2013年の年賀状も、長年使っている「筆まめVer.23(パッケージ製品)」を使って作成しました。また、住所録は、安全の為に、筆まめの機能を使いパスワードをかけて利用しています。

次のホームページに年賀状ソフトについて、詳しく紹介されていますので、参考にして下さい。

 年賀状作成に使うソフトウェアは? -年賀状・暑中見舞いドットコム
 http://www.nengasyotyuu.com/nenga/ncomparison/index.html



■ 年賀状メールを送るときのマナー


メールは簡単に送れる反面、受けとる相手に、失礼にならず、喜ぶものにしたいものです。家族宛の年賀状は年賀状で、SNSなどのインターネットで交流している人には年賀メールを送るといった具合に使い分けることもよいですね。


(1) ”年賀状”と”年賀メール”を使い分ける

お世話になった方や年配の方には、はがきの年賀状が安心、また、年賀状をいただいた方には年賀状を送るのが基本ですね。

(2) ”年賀メール”は、送るタイミングが大事

1月1日午前0時前後は、メールが混雑し、送ることができない場合があり、1日の午後など、相手が落ち着いて読める時間に送るのが良いようです。また、年賀状配達が休みの1月2日に送ってもいい。

(3) 件名を工夫する

メール件名のタイトルは、送り主が特定できるように、名前や社名など、具体的な情報を入れる。「年賀メール(×××)」のように自分の名前を入れるのも一つの手です。

(4) 写真や画像の添付はサイズに注意する

あまり大きいサイズだと、相手のメール受信時に迷惑をかけるので、年賀メールに添付するデータサイズに確認したほうが良いです。

(5) ウイルス対策を実施する

ウイルス付のメールを送らないようにウイルスソフトを使うことが必要です。更に、メールの添付ファイルについて、本文で 「これは・・・の写真です」 のように説明をするとよいですね。



■ 年賀状ソフトを使う場合の基本用語


(1) テンプレート(template)
文書などのデータを作成する上で雛形となるデータ。基本的なものが準備されており、一部分を追加・修正して、必要なデータが完成します。

(2) 素材
年賀状の文書データを作成する場合に使われる画像などをさします。

(3) インポート(import)
他のソフトで作成したデータを読み込んで利用すること。例えば、別の年賀状ソフトで作成した住所録データを読み込んで使うことです。

(4) エキスポート(export)
インポートの逆で、他のソフトが利用できる形式でデータを保存すること。例えば、年賀状ソフトで、住所録データを、表計算Excelが使えるデータ形式で保存することです。

(5) CSV形式(Comma Separated Value format)
データをカンマ「,」や改行で区切って並べたテキスト形式のデータ。異なるソフト間でデータを交換する場合によく利用されます。



違法に公開されているものをダウンロードすると罰せられる、2012年施行の著作権法改正とは? [[インターネット]危険と安全]

著作権法の一部を改正する法律が、今年(2012年6月)、参議院本会議で可決・成立。違法ダウンロード行為に対する罰則(違法ダウンロード刑罰化)、DVDなどに用いられる暗号型技術を回避して行う複製が違法(刑事罰はなし)となること、などが盛り込まれています。

改正著作権法は2013年1月1日から施行されますが、違法ダウンロード刑罰化に関する規定や、DVDリッピング違法化にかかわる規定などは、2012年10月1日から施行されています。

今回の改正内容は、一般の人にも関係の深い内容なので、より正確な内容を理解するため、著作権を担当(所掌)している文化庁の公開資料をもとに紹介します。

なお、文化庁の下記ホームページでは、今回の改正内容の情報をたくさん紹介されており、便利です。

 文化庁 | 著作権 | 平成24年10月1日施行 違法ダウンロードの刑事罰化について
 http://www.bunka.go.jp/chosakuken/online.html



■ 著作権等の技術的保護手段に係る規定の整備と違法ダウンロード行為の刑罰化


2012年10月1日から施行される違法ダウンロード刑罰化に関する規定や、DVDリッピング違法化について、著作権に詳しい、一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会の久保田裕専務理事さんの、分かりやすい解説が以下で紹介されています。

 【情報モラル】著作権教育の取り組み方 著作権法改正|教育マルチメディア
 http://www.kknews.co.jp/maruti/news/2012n/0806_4a.html

ポイントを、この記事から抜粋して紹介します。

(1) 違法にインターネット上に公開されている有償の音楽・映像を、そうと知りながらダウンロードする行為には、2年以下の懲役または200万円以下の罰金、あるいはその両方が課せられることになります。

(2) ダウンロード行為すべてが刑事罰の対象となるわけではなく、対象となるのは一般に販売されている音楽や映像を、勝手にアップロードしているサイトからダウンロードすることだけです。

(3) 著作権者等の権利者が自らアップロードしている動画や著作権者等の許諾を得てアップロードされている音楽は、これまで通り私的使用目的の複製として著作権者の許諾なくダウンロードすることができます。

(4) アップロードされている動画をそのサイトで視聴する行為は著作権侵害には当たりません。

(5) リッピングについては、技術的保護手段を回避して行う複製が私的使用目的であっても違法となります。レンタル店から借りた音楽CDをリッピングする行為は、今回の著作権法改正では影響を受けず、これまで同様に著作権者の許諾なく行うことができますが、レンタル用DVDをリッピングする行為は違法です。ただし、刑事罰は規定されていません。



■ 平成24年の著作権法改正の概要


「著作権法の一部を改正する法律」が、第180回通常国会において、平成24年6月20日に成立し、同年6月27日に平成24年法律第43号として公布。下記の内容から紹介します。


 平成24年通常国会 著作権法改正について 文化庁
 http://www.bunka.go.jp/chosakuken/24_houkaisei.html

改正の趣旨は以下です。

(1)いわゆる「写り込み」(付随対象著作物の利用)等に係る規定の整備
(2)国立国会図書館による図書館資料の自動公衆送信等に係る規定の整備
*(3)公文書等の管理に関する法律等に基づく利用に係る規定の整備
*(4)著作権等の技術的保護手段に係る規定の整備
*(5)違法ダウンロードの刑事罰化に係る規定の整備

この法律は,平成25年1月1日から施行されます。ただし、上記の*の(3)、(4)、(5)については平成24年10月1日から施行されています。


今回の改正では、違法ダウンロード行為に対する罰則(違法ダウンロード刑罰化)が加えられたほか、DVDなどに用いられる「CSS」などの暗号型技術を回避して行う複製が違法(刑事罰はなし)となること(DVDリッピング違法化)などが盛り込まれています。


上記の記事の中の「改正法Q&A」で改正内容が分かりやすく説明されています。以下、一部紹介します。


■問6-1 暗号方式を技術的保護手段の対象とすることにより,どのような規制が強化されるのでしょうか。(第2条第1項第20号等関係)

『(答)
DVD等に用いられる暗号方式の保護技術を新たに技術的保護手段の対象とすることにより,第30条第1項第2号において,私的使用目的であっても,技術的保護手段の回避により可能となった複製を,その事実を知りながら行う場合には複製権侵害となり,民事上の責任(損害賠償など)を負うこととなります。ただし,刑事罰はありません。

なお,技術的保護手段の用いられていないCDを私的使用目的で複製すること(例えば,携帯用音楽プレーヤーに取り込むこと)は,著作権侵害とはなりません。』


■ 問7-4 違法に配信されている音楽や映像を視聴するだけで,違法となるのでしょうか。

『(答)
違法に配信されている音楽や映像を見たり聞いたりするだけでは,録音又は録画が伴いませんので,違法ではなく,刑罰の対象とはなりません。

違法となるのは,私的使用の目的であっても,著作権又は著作隣接権を侵害する自動公衆送信を受信して行うデジタル方式の録音又は録画(・・・・・・・)を,自らその事実を知りながら行って著作権又は著作隣接権を侵害する行為です。』


■問7-5 「You Tube」などの動画投稿サイトの閲覧についても,その際にキャッシュが作成されるため,違法になるのですか。

『(答)
違法ではなく,刑罰の対象とはなりません。』


なお、平成24年の著作権法改正内容については、詳細が以下で紹介されています。

 著作権法の一部を改正する法律 概要 文化庁
 http://www.bunka.go.jp/chosakuken/pdf/24_houkaisei_horitsu_gaiyou_ver4.pdf



■ 違法ダウンロードが罰則の対象となることについて知っておきたいこと(文化庁)


「違法ダウンロードの刑事罰化」については、下記の文化庁のQ&Aは、一般用、子ども用の解説があり、簡単に分かりやすく説明されています。

 文化庁 | 違法ダウンロードの刑事罰化についてのQ&A
 http://www.bunka.go.jp/chosakuken/download_qa/index.html


(1) 違法ダウンロードの刑事罰化についてのQ&A
  http://www.bunka.go.jp/chosakuken/download_qa/pdf/dl_qa_ver2.pdf

(2) 違法ダウンロードが罰則の対象となることについて知っておきたいこと(子ども用)
  http://www.bunka.go.jp/chosakuken/download_qa/pdf/dl_qa_child_ver2.pdf


なお、(2)は子ども用に文化庁が作成したものですが、大人にも役立つ内容です。その中から、代表的なものを以下に紹介します。

■(2)のQ1 そもそも違法ダウンロードとは何ですか?

『しかし、インターネット上にある音楽や映画の中には、作者(アーティスト)に無断で掲載(アップロード)されたもの(これを海賊版と言います)もあります。

たとえ自分自身で楽しむことが目的であったとしても、海賊版の音楽や映画を、海賊版であると知りながらパソコンなどに取り込むこと(ダウンロード)を「違法ダウンロード」と言い、刑罰はないものの、違法な行為です。

特に、これらの音楽や映画が、CDやDVDとして正規に売られている場合などには、違法ダウンロードが刑罰の対象になる可能性が出てきます。
なお、違法ダウンロードの対象となる行為は、音楽の場合のように録音することや、映画の場合のように録画することを指します。』


■(2)のQ5 海賊版Q5 の音楽や映画を見たり聞いたりするだけで、刑罰の対象になるのですか?

『単に見たり聞いたりすることは、違法ではなく、刑罰の対象にもなりません。
法律違反となるのは、あくまでも海賊版だと知りながら、音楽や映画を、録音したり録画したりすること
です。』


■(2)のQ6 友達から送られたメールについている海賊版の音楽や映画のコピー行為

『違法ではなく、刑罰の対象とはなりません。
違法ダウンロードの「ダウンロード」とは、音楽や映画の海賊版について、ホームページ上にあるもの
を、インターネットを通じてダウンロードすることです。
メールで送られてきた海賊版を自分のパソコンにコピーする場合は、ホームページ上にあるものをイ
ンターネットを通じてダウンロードする場合に当たりません。』

(注)ただし、音楽や映画をメールにコピー(添付)して送る場合、メールを送る人が、家庭内や家庭内に準ずる限られた範囲を超えてメールを送ると、そのメールを送る際に行われる音楽や映画のコピーは、原則として違法。


■(2)のQ7 個人で楽しむためにホームページ上にある写真や漫画を自分のパソコンにコピーする行為

『個人で楽しむ場合は違法ではなく、刑罰の対象にはなりません。
違法ダウンロードの「ダウンロード」とは、音楽の場合のように録音することや、映画の場合のように録
画することをいいます。
写真や漫画を自分が見るためにパソコンにコピーすることは、録音や録画に当たりません。』



(図で覚える)コンピュータ用語学び塾 | Facebookページも宣伝
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。