So-net無料ブログ作成

【ツボ11】音楽をパソコンなどで聴く場合のデータ形式(MP3、AAC、WMA)とは [【ニュースが分かる!IT用語のツボ】]

音楽をパソコン、携帯プレーヤー、スマートフォン・携帯で聴く場合、どのようにCDの音楽データを取り込むのでしょうか? 音楽CDの音を、影響のない範囲で間引きして(圧縮して)取り込んでいます。このときの音楽データの形式がよく聞く、「MP3」、「AAC」、「WMA」という形式です。

パソコンに音楽CDのデータを取り込む際、そのまま取り込むとデータサイズが大きくなるので、聴く際に影響のない範囲で、音の一部を取り除いて、データを圧縮しています。通常、これらのデータ形式は、音楽CDのデータサイズの約1/10で、記憶できます。

このときの、圧縮する方法の違いで、MP3、AAC、WMAというデータ形式があります。

なお、MP3は著作権を管理する情報は含まれないため、音楽配信サイトには向かず、iTunes Music StoreではAAC、それ以外ではWMAの形式を採用している音楽配信サイトが多いようです。

CDの音楽を、MP3、AAC、WMAの形式でパソコンに取り込むと、3~5分の曲で1曲あたり5MB(メガバイト)前後と、CDに記録されている音楽ファイルの約1/10程度に小さなファイルサイズになります。

私の携帯プレーヤーは記憶容量が8GBですので、この小さなボディに約1600曲(アルバム 約100枚分)も記録できるので大変便利です。



■ 音楽データ形式、MP3、AAC、WMAて何?


MP3、AAC、WMAは形式は、CDに記録された音楽データを圧縮し、サイズを小さくしたものです。

音楽CD並の音質を保ったままデータ量を大幅に小さく(圧縮)することができ、そのことで、より多くの音楽がパソコンや携帯プレーヤーに記憶できます。

  CD上の音楽データサイズはアルバムの場合で通常約700MB程度、1曲で約50MBものサイズ

このまま、パソコンに記憶していたら、1GBで20曲ぐらいしか記憶できません、これでは不便です。そのため、人間の感じ取りにくい部分のデータを間引くことによって、音楽データを圧縮し、データサイズを小さくしています。

ポップスCDのアルバム(16曲 約65分)を実際にパソコンに取り込んでみたら、データサイズは以下になりました。CDに記憶されている音楽データの約1/10の大きさ程度で記憶できます。

 音楽CD上のデータサイズ      710MB
 
 パソコンに取り込んだデータサイズ  65MB
 
   *MP3(128kbps)、AAC(128kbps)、WMA(128kbps)で取り込んだ場合
    各ファイル形式でサイズはほとんど変わらず



■ CDを取り込む(インポート時)のビットレートとは、音の再現性


よく家電量販店にいくと「MP3 128kbpsの場合」とか見かけたことありませんか?

MP3は圧縮形式のことで、次に続く128kbpsがビットレートといわれる部分です。これは "音楽を1秒間あたりどれぐらいの音質に変換するか" の指標です。

 数値が高ければ音質は良いですが、変換後のデータサイズが大きくなります
 数値が低ければ音質は悪いですが、変換後のデータサイズは小さくなります

なお、一般的に、MP3 でCD並みの音質を確保するには、ビットレート128kbpsが良いと言われています。
ただし、音質を重視する場合は、それ以上のビットレート160kbit、192kbit 他 が必要です。

このビットレート128kbpsも絶対的な判断基準ではなく、自分で聞き比べて最適なものを見つけたらよいと思います。

人間の可聴周波数は20kHz と言われていますので、

  ポップは歌を楽しむので「128kbps」
  クラッシックは曲を楽しむので、1段階ビットレートをあげて「160kbit」 または 「192kbit」
  
で良いかもしれませんね。


MP3 の標準ビットレートの128kbitは、15~16kHz 以上の高い周波数 が出ていません。人間の可聴周波数は、20kHz と言われています(通常は 17kHz まで)。従って、CD-DA を MP3 変換する場合は、160kbit または 192kbit に設定すれば音が歪みなく高音質で再生できます。

(注)CDからMP3化した場合、ビットレートにより次のように高音帯域が制限されます。
    128kbps :15~16KHz
    160kbps :20KHz程度
    192kbps :20KHz以上

以下のホームページには、ビットレートでどのように音が変化するか波形分析があり、とても分かりやすいです。

不可逆圧縮音源の音声波形を見て性質を理解する - パソコン初心者講座 ~道すがら講堂~
http://michisugara-aud.sakura.ne.jp/convert/mp3_aac.html



■ 代表的な音楽データ圧縮方式


携帯プレーヤー、スマートフォン、携帯電話等で音楽を聴くためには、これらの機器が、以下のどのデータ形式をサポートしているか事前に確認しておく必要があります。


◆MP3(MPEG1 Audio layer3)

このMP3は、以前から広く普及しています。MP3 は MPEG-1 という映像圧縮技術の音声部分を利用しています。

MP3は、国際的に標準化されている音声圧縮方式の1つで、ほとんどのプレイヤーが対応。ただし、著作権を管理する情報は含まれないため、音楽配信サイトには向かない。


◆AAC (Advanced Audio Coding)

MP3の後継といえるもので、全ての圧縮率において高音質を実現するべく作られています。MP3はMPEG-1という映像圧縮技術の音声部分を利用していますが、AACは、より新しい MPEG-2 の音声圧縮技術を利用しています。

国際的に標準化されている音声圧縮方式の1つで、iPodが採用。iTunes Music Storeから配信される曲もこの形式です。


◆WMA(Windows Media Audio)

Microsoft社が開発した、Microsoft社製品の標準の音声圧縮方式です。Microsoft社の開発した音声圧縮方式の為、ウインドウズとの相性は良いが、マックでは一般的に未対応。音楽配信サイトでは、iTunes Music Store以外の多数のサイトで採用されています。


◆ATRAC3(Adaptive Transform Acoustic Coding)

ソニーが開発した音声圧縮技術で、ソニー製品を中心に、音楽配信サービスやソニーのMDフォーマットに主に使用されている圧縮規格です。



■ 音楽CDのデータを取り込むソフト 「CDリッピングソフト」


リッピングソフトウェア【ripping software】とは、音楽CDからデータを読み込み、パソコンなどで使用できる形式に変換するアプリケーションソフト。単に「リッパー」(ripper)とも呼ばれます。

音楽CDのデータを、MP3、AAC、WMAなどの形式に変換(エンコード)して取り込みます。ソフトにより、変換可能な形式が異なりますので、注意ください。なお、代表的なソフトを以下に紹介します。


■Windows Media Player

Windowsに標準で付いているソフトで、初心者の方にはこのソフトを使うのが一番簡単だと思います。音楽データ形式の基本はWMAで、MP3も可能です。

 Windows Media Player のダウンロード
 http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windowsmedia/download/default.aspx

以下に使い方が分かりやすく紹介されています、少し古い内容ですが、2012.6月の時点でも役立つと思います。

 Windows Media Player10で音楽CDをMP3に変換する
 http://www.xucker.jpn.org/pc/wmp10_mp3.html


■iTunes

iTunesは、iPodに曲を転送するソフトです(iTunes Music Storeで曲やビデオの購入も可能)。なお、iTunesは、主要な音楽データ形式のMP3、AAC、WMAに対応し、CDから曲を取り込んだり、整理したりするのにも、とても便利なソフトです。ただし、高機能なため、操作が多少面倒です。

iTunesはアップルのホームページから無料でダウンロード出来き、iPodを持っていない人でも無料で使えます。

 iTunesのダウンロード
 http://www.apple.com/jp/itunes/download/



(図で覚える)コンピュータ用語学び塾 | Facebookページも宣伝
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。