So-net無料ブログ作成
検索選択

MicrosoftのOfficeソフト資格に挑戦:『Microsoft Office Specialist』、『MCAS』 [[パソコン]活用]

スポンサーリンク




Microsoft Office Specialist(Office 2003、Office XP)』 、『MCAS(Office2007)』という資格は、Officeソフトの利用能力を資格として証明する、Microsoft主催の世界共通の資格試験制度です。『Microsoft Office Specialist』資格を受験して分かりましたが、この資格は、Officeソフトの機能を体系的に知り、ソフトを以前より使いこなせるようになり、資格も取得でき、一石二鳥の資格です。

(注)”Office 2003・Office XP”と”Office2007”は別な試験体系になるので注意下さい。


しかし、最初の頃は、「受験する人が多いし、役立つと言われるけど、Excelは十分使えるし、Wordも基本的なことは知っているから、まあ、いつか時間があれば受験しよう」と、受験には消極的でした。

また、本屋で問題集をみても、いろんな区分があって分かりづらく、また、「基本的な問題集は易しすぎるし、応用編は難しすぎる」ということで、いまいち受験する気持ちになりませんでした。

このように、いつか受験しようと考えながら数年が過ぎ、あるとき、会社の女性が、この資格を受験するときに相談にのってあげたことがきっかけで、私も受験をしてみようと強い気持ちになってきました。

MicrosoftのOfficeソフト資格の中にチャレンジして分かったこと、それは、「MicrosoftのOfficeソフト資格にチャレンジすることで、基礎からじっくり勉強でき、Officeソフトが持っている多くの機能を知ることができた。」というです。

試験勉強していくうちに、「えっ、こんな機能があったの?」と驚くことも、しばしばでした。また、模擬試験を解くとき、簡単な問題を間違え、それまで持っていたOfficeソフトに対する自信がゆらぐこともしばしばでした。

なお、次のような人は、このMicrosoftのOfficeソフト資格にチャレンジみると良いと思います。

 1.Excel、WordといったOfficeソフトを使ってみたい
 2.何かパソコンソフトの資格にチャレンジしたい
 3.見よう見まねでOfficeソフトを活用しており、もっと便利機能を知りたい
 4.見栄えが良く、分かりやすい資料を短時間で作成する方法を知りたい

なお、このMicrosoftのOfficeソフト資格取得は、少々分かりづらい点がありますが、チャレンジし慣れてくると、少しずつコツが分かり、楽しくなってきます。それまでは辛抱ですね。



■ Microsoft Officeソフトの試験とは
■  Microsoft Office Specialist  Microsoft Certified Application Specialist(MCAS)


Microsoft Officeソフトの試験には、『Microsoft Office Specialist』、『Microsoft Certified Application Specialist(MCAS)』があります。

『Microsoft Office Specialist』試験は、Office 2003、Office XPが対象です。一般レベル「スペシャリスト(Specialist)」と、上級レベルの「エキスパート(Expert)」があります。

『Microsoft Certified Application Specialist(MCAS)』試験は、Office2007が対象です。スペシャリストレベルやエキスパートレベルなどのレベル分けはありません。Word 2007とExcel 2007については、『Microsoft Office Specialist』のスペシャリストレベルとエキスパートレベルの中間程度のレベルと言われています。

詳細は、以下の公式のホームページを参照下さい。

   マイクロソフト認定資格 総合サイト
    http://mc.odyssey-com.co.jp/index.html

   Microsoft Office Specialist 公式サイト
    http://officespecialist.odyssey-com.co.jp/top.html

   Microsoft Certified Application Specialis公式サイトt
    http://msbc.odyssey-com.co.jp/msbc/mcas/index.html


《補足》Office2007とWindowsVistaの発売を期に、これらを対象にした、『Microsoft Certified Application Specialist(略称MCAS)』と『Microsoft Certified Application Professional(略称MCAP)』が新設されています。



■ 『Microsoft Office Specialist』試験とは (Office 2003、Office XP対象)


Office 2003、Office XPを対象にした、Excel、Word、PowerPointなど、MicrosoftのOfficeソフトソフトの利用能力を、資格として証明できる、Microsoft主催の資格試験制度です。

試験科目は、「 5つのアプリケーション」、「バージョン毎」、「2 つのレベル」で分けられていますので、参考書、問題集を購入する場合、注意してください。

(1) 「 5 つのアプリケーション」
    Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlook
(2) 「バージョン毎」
    同じソフトであっても、バージョン毎に科目が分かれます
    例えば、Excel2002、Excel2003
(3) 「 2 つのレベル」
    一般レベルの「Specialist(スペシャリスト)」
    上級レベルの「Expert(エキスパート)」

試験時間は50分です。問題数は約15~25問。試験は、以外に多くの場所で受験できるようです。私は、近くにあるパソコンスクールで申し込みました。そこでは、毎月月末に試験を実施していました。

全国の主な試験会場は以下を参照下さい、これ以外にも、身近なところに試験会場があると思います。

  全国一斉試験 主な試験会場一覧
   http://officespecialist.odyssey-com.co.jp/issei/y_schdl_rgn_all.html


■一般レベルの「Specialist(スペシャリスト)」資格を軽んじてはいけない

正直、初めの頃は、この資格を軽んじていました。試験時間が50分と短く、それに合格率が非常に高かったためです。それに、問題集を買ってきて、ざっと見た感じでも、初歩的な問題ばかりと思えたからでした。

しかし、いざ、問題集で模擬演習を実施してみると、意外に基礎的なことが理解できていないことに、ビックリしました。会社でバリバリ使っている、Excelの問題ですら7割も解けない事に気づき、ショックを受けました。

知らない基本的機能があること、単純なミスが多いということが原因でした。


■『Microsoft Office Specialist』受験のコツ

「Specialist Excel2003」、「Specialist Word2003」を受験した経験から、資格受験のコツを紹介します。

その1:試験科目を良く理解する

試験科目は、「 5つのアプリケーション」、「バージョン毎」、「2 つのレベル」で分けられていますので、参考書、問題集を購入する場合は注意が必要です。

その2:まずは、一般レベルの「Specialist(スペシャリスト)」を受験する

上級レベルの「Expert(エキスパート)」は、普段、ソフトを良く使っている人でもかなり難関です。まずは、「Specialist(スペシャリスト)」で受験するのが無難 です。

その3:受験するOfficeソフトを日頃から使い、馴れ親しむこと

ソフトを使うコツは、そのソフトに馴れ親しみ、ソフトを好きになることです。その為には、受験するソフトを日頃から使うことです。

その4:基本を知らない場合は基礎レベルの参考書を買って、まずは読むこと

あまり、ソフトを知らない場合は、まずは、基礎的な参考書を買って、まずは一読することをお勧めします。このことで、概要を知ることができます。

その5:問題集を何度も解くこと

基礎的なことが理解できたら、あとはひたすら問題集を解くことです。なお、問題集も一冊ではなく、2冊以上の複数の問題集を解くと良いと思います。私の場合は、3冊の問題集を買い、満点になるまで、ひたすら解きました。


■『Microsoft Office Specialist』試験準備

受験者登録のうえ、受験者IDの取得が必要となります。下記の「 受験者登録・デジタル認定証」ページより事前に受験者登録をして下さい。

これは、なかなか分かりづらいのですが、これは、受験の記録を保管するための仕組みです。

  受験者登録・デジタル認定証
   http://www.odyssey-com.co.jp/id/index.html


■『Microsoft Office Specialist』試験時の心構え

(1) 比較的時間はあるので、焦らないでゆっくり問題を解くこと。

(2) 時間がかかるような問題、分からない問題は「スキップ」して最後にする。「スキップ」すると、回答を最後にすることができます。

(3) 回答をスタートするまえ、問題文を最後までじっくり読むこと。問題文をじっくり読むことで単純ミスを防ぐことができます。

(4) 次の問題に進む前に回答を見直すこと。例えば、日本語の入力で、問題文に「アイディア」と入力しなさいとあるのに「アイデア」と入力すると、間違いになるので注意が必要です。

(5) 途中で回答がおかしくなったら「リセット」すること。「リセット」すると、回答中の問題を最初からやり直すことができます。私も試験のとき、いくつかの問題を「リセット」して、最初から解きました。


私が受験したとき、最初の問題は、慣れておらず時間がかかりそうだったので、「スキップ」しました。次の問題は簡単な問題だったので、2問目からはスムーズに回答できました。もし、1問目を「スキップ」せず、時間をかけて解いていたら、かなり焦ったと思います。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました
(図で覚える)コンピュータ用語学び塾 | Facebookページも宣伝
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。